個人事業主のお客様
中小企業経営のお客様のための
府中市にある税理士事務所です

こんな場合は?こんな時は?など
お聞きになりたいことを
お気軽にお問合せください

税金のお話

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

1.概要

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額について、所得控除を受けることができるものです。

 

2.制度の内容

(1)それでは、一定の取組を行う個人とは?

   適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、所得税や住民税を納めていて、以下のいずれかを受けている人(勤務先での定期健康診断なども含む)を言います。

  ①特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  ②予防接種
  ③定期健康診断(事業主健診)
  ④健康診査
  ⑤がん検診

(2)次に、聞きなれないスイッチOTC医薬品とは?

   要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用(スイッチ)された医薬品を言います。ただし、類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものは除かれます。OTCとは、Over The Counterの頭文字で、薬局のカウンター越しに買える薬を言うと覚えればいいですね。厚生労働省の資料によれば、平成29年1月13日時点で、スイッチOTC医薬品の成分数は83、対象となるOTC医薬品は約1,500品目あるようです。対象となる医薬品の薬効の例として、かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬があるようですが、そのすべての薬効の医薬品が対象となるわけではありませんので、薬局での確認が必要ですね。

(3)所得控除を受けることができる金額は?

スイッチOTC医薬品の合計額-保険金などで補てんされる金額-1万2千円で、控除限度額は最高8万8千円です。

 

3.注意点

(1)前述の現行の医療費控除との選択適用だと言うことです。両方を同時に受けることはできません。10万円(総所得金額等が200万円以下の場合は、総所得金額等の5%)を超えないと現行の医療費控除は受けられませんでしたが、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、年間1万2千円超のスイッチOTC医薬品を購入すれば受けられる可能性がありますので、ハードルが低くなったと言えますね。

(2)2(1)の一定の取組を行う必要があります。会社勤務の方は、ほぼ事業主健診を受けておられるでしょうが、任意に受診した健康診査(全額自己負担)は、一定の取組に含まれません。また、一定の取組を証明する「領収書」の原本または「結果通知書」の写しが確定申告の際に必要です。

(3)スイッチOTC医薬品であると分かる薬局等のレシートが確定申告の際に必要です。それと分かる目印がない場合、紛失してしまった場合には、購入した薬局等でレシートの再発行をしていただく必要があります。

まだ始まったばかりの制度ですので、馴染みが薄いですが、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は適用できる可能性がありますので、薬局等でスイッチOTC医薬品を購入する際は、レシート等をよくチェックして、保存しておく必要がありそうですね。

その他のメニュー

 料金案内

当事務所のパック料金について、初めてでも分かりやすく説明しております。

相談の流れ

当事務所のご相談の流れについて説明しております。

サービス紹介

当事務所のサービスについて説明しております。